-CATの飼い方編-

【CATの飼い方編】首輪は必要か

投稿者 :LeeChihying on

オススメします。野良猫との区別をするためです。外出した際に、いなくなった時探す時には効果が発揮します。猫ちゃんに合う首輪を選びましょうね。    

続きを読む →

【CATの飼い方編】キャンピングキャリー/ペットキャリーバッグ

投稿者 :LeeChihying on

普段外出する時に使用します。安全性と丈夫性がとても大事なポイントになり、特に猫を連れて外出する時には、環境変化で緊張しやすくなるため、自分で開けた場合、逃げたりすることがありますので、猫の性格に合った商品を選ぶことをお勧めします。

続きを読む →

【CATの飼い方編】オモチャ/猫じゃれ

投稿者 :LeeChihying on

猫の狩猟本能を刺激して夢中にさせることで、猫ちゃんが獲物を狩るまでの緊張と興奮がピークに達することで、獲物を仕留めた時、猫ちゃんは緊張から解放され一種の快感になりストレス発散にも繋がる。また、運動不足の解消も解決できます。よって、オモチャのバリエーションが多い方が好ましい。2〜3種類あれば、使い回して遊んであげると良いでしょう。ちなみに、複数用意することで、猫ちゃんのオモチャの好みが分かりやすくなります。猫ちゃんの遊びサポートすることは猫ちゃんとの信頼関係を築く、非常に大切なプロセスになりと思いますので、積極的にサポートしましょう。

続きを読む →

【CATの飼い方編】食事について

投稿者 :LeeChihying on

初日に来た猫ちゃんは緊張すぎて、飲んだり食べたりもしない猫もいます。安心できる場所にフードと水を用意してあげましょう。食事の種類ですが、新しい環境に慣れるまではペットショップやブリーダーであげていたものを与えることをお勧めします。子猫の場合は生後4週間までは猫用のミルクを与え、乳歯が生えてきたら徐々に柔らかにフードに切り替え、年齢に応じたフードを与えると良いでしょう。猫ちゃんは食事を数回に分けて食べることと水をあまり飲まないため、ウェットフードをお勧めします。(特に、慣れない環境に来た猫ちゃんが食欲不振になった場合。)ウエットフードは水分が多く含んでいることと多少置けるため、数回に分けて食べる猫ちゃんには良いでしょう。ただ、長時間置くと酸化や劣化の恐れがあるため、早く片付けて処分するなりしたほうがいいです。私は乾燥フードとウェットフードを交互に与えるようにしています。水についてはいつも新鮮の水を用意することと流れる水にも興味があるため、流れる飲水機はいい方法かもしれません。

続きを読む →

【CATの飼い方編】食器(ペットボウル)の選び方

投稿者 :LeeChihying on

深さ;ペッドボウルの3-5センチの深さがちょうど良く口が届きやすい形状です。深すぎると、喉や首輪に圧迫されることで、食事に影響を与える可能性もあります。一方で、浅すぎたら、フードが食器からこぼれやすくなります。  幅;猫のヒゲが当たりにくい横幅の広い楕円形の食器か、猫の顔よりも一回り大きなサイズの食器が良いでしょう。狭すぎたら、猫が食事する時に圧力を感じてしまうため、猫の髭が当たらない大きいのを選びましょう。   高さ;①猫の吐き戻しを軽減。(適度な位置、胃袋のある胸の位置で食事をさせることで、猫の吐き戻しの軽減及び食欲促進の期待。)②広く浅い機能的なお皿でストレス軽減(神経質な猫はヒゲが食器につかえることがストレスを感じてしまう)。③腰や関節への負担を軽減(適度な高さによって、立ち姿勢やお座り姿勢で快適に食事ができることが腰や関節への負担軽減に繋がる) 安定性について 滑りにくい食器を選びましょう。食べながら食器が滑ると、猫の食欲低下につながりやすい。  材質 市販の材質はステンレス鋼製、磁器、ガラス製、プラスチック製などがあります。ステンレス鋼製、磁器、ガラス製の食器は清浄消毒が簡単で細菌が繁殖しにくいですが、磁器、ガラス製の食器は割れやすいため、注意する必要があります。そして、プラスチック製の食器は軽くて扱いやすいのですが、細菌が繁殖しやすいため、消毒をこまめに心に掛ける必要があります。

続きを読む →