【CATの飼い方編】食器(ペットボウル)の選び方

投稿者 :LeeChihying on

  1. 深さ;ペッドボウルの3-5センチの深さがちょうど良く口が届きやすい形状です。深すぎると、喉や首輪に圧迫されることで、食事に影響を与える可能性もあります。一方で、浅すぎたら、フードが食器からこぼれやすくなります。 
  2. 幅;猫のヒゲが当たりにくい横幅の広い楕円形の食器か、猫の顔よりも一回り大きなサイズの食器が良いでしょう。狭すぎたら、猫が食事する時に圧力を感じてしまうため、猫の髭が当たらない大きいのを選びましょう。 
  3.  高さ;①猫の吐き戻しを軽減。(適度な位置、胃袋のある胸の位置で食事をさせることで、猫の吐き戻しの軽減及び食欲促進の期待。)②広く浅い機能的なお皿でストレス軽減(神経質な猫はヒゲが食器につかえることがストレスを感じてしまう)。③腰や関節への負担を軽減(適度な高さによって、立ち姿勢やお座り姿勢で快適に食事ができることが腰や関節への負担軽減に繋がる)
  4. 安定性について
  5. 滑りにくい食器を選びましょう。食べながら食器が滑ると、猫の食欲低下につながりやすい。
  6.  材質
  7. 市販の材質はステンレス鋼製、磁器、ガラス製、プラスチック製などがあります。ステンレス鋼製、磁器、ガラス製の食器は清浄消毒が簡単で細菌が繁殖しにくいですが、磁器、ガラス製の食器は割れやすいため、注意する必要があります。そして、プラスチック製の食器は軽くて扱いやすいのですが、細菌が繁殖しやすいため、消毒をこまめに心に掛ける必要があります。

この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →